京都産業大学同窓会

青森県支部

青森県支部 情報

支部長

吉田 市夫(1974年法学部卒)

設立年

2014年

(※コメントは、2020年9月発行の同窓会報の内容を転載しています)

青森県支部近況
 新しい年が明け、すでに四月の月日が過ぎ去り、烏兎怱々五月半ばに入りました。私達の住む青森にも万象の変化に緑際立つ気配を覚える季節となり、花鳥風月、千紫万紅、人の心を和ます気持ちのいい気候となりましたが、今年はいつもと違い新型コロナウイルス流行抑制のため、支部総会の開催すら出来ぬ有様で会員皆さんの元気な顔を見られない状況であります。今年度の活動計画については未定でありますが、これまでの経験から地域の祭りや行事に併せた懇親会の開催がより多くの会員が参集し同窓会設立の目的が達せられるものと考えます。また、今回同窓会設立50周年記念行事に出席して、九州全体の同窓会の連携を目の当たりにし、東北もかくありたいものと勉強させていただきました。
 宮城県支部長の工藤さん、音頭取りよろしくお願いします。私達青森県支部も「同窓生が集まりやすい楽しい場のあり方」を創意工夫して参加者の拡大をしていかなければなりません。50周年の目標として「女性会員の参加しやすい活動を推進する事業の実践」がありましたので、早速手紙を郵送したところ、12名の会員のうち10名の方から次回は出席したい旨の返事をいただきました。誠に嬉しいかぎりです。
 今後とも、校友が親交を深めるだけではなく、母校のためにどういうふうに支援することが出来るのか各々の課題としつつ、よりよい支部同窓会の実現に向けて頑張って参りたいと考えております。
 それにいたしましても、同窓会設立50周年記念行事が成功裏に終了したことは誠に喜ばしく、特に泉谷直木氏の記念講演の中にありました京都産業大学生を「根拠のない自信」と評したことには、「なるほど」と相槌を打ってしまいました。写真は弘前公園での懇親会で三味線の生演奏に津軽のあねさん被りで悦に入っている様子です。

支部からのお知らせ・イベント情報

現在、青森県支部からのお知らせはございません。

支部からの報告

現在、青森県支部からの報告はございません。