京都産業大学同窓会

丹後OB会

丹後OB会 情報

支部長

坪倉 護(1975年法学部卒)

設立年

1987年

支部facebookページ

https://www.facebook.com/ksuaa.tangoob

(※コメントは、2018年9月発行の同窓会報の内容を転載しています) 京都府丹後OB会だより
 京都産業大学同窓会の皆様には益々ご健勝・ご活躍のことと思います。
 本学においては創立50周年を機に、現代社会学部新設や地域社会や海外との連携強化に取組んでおり大学の新たな発展を期待するものであります。
 さて丹後OB会の活動について報告いたします。
 本会は創立30周年を迎え、7月の総会の後、大城光正学長から「大学の現況とこれから」と題して、講演していただきました。獣医学部の設置に向けて取組んできた経緯について説明があり、最終的に設置断念ということになりましたが、3科からなる総合生命科学部を改編し、新たに先端生命科学科と産業生命科学科の2学科からなる「生命科学部」を設置し、より一層の研究を発展していきますとの説明でありました。また、同窓会本部を大学に置いてファミリー意識を高めていきたいと話がありました。講演の後は学長を始めご来賓の方々と会員との懇親を深めることができました。
 次に京丹後市と本学は2015年に包括連携協定を締結しており、その関係で現代社会学部の濱野強教授による「運動・スポーツの習慣化を通じて“地域”が元気に ! 健康長寿社会への新たな挑戦 !!」と題して、11月に公開講座が開かれOB会員も多く参加しました。地域が元気であればそこに住まう人々が健康な生活と長寿が享受できる「健康長寿社会」と「地域づくり」が密接な関係にあるという研究から、「地域づくり」「地域内の人間関係」「笑い」という3つのキーワードから解説がありました。
 関西学生対校駅伝大会が丹後一円で開催され、丹後OB会は大江OB会・舞鶴OB会と応援しましたが3位の入賞でありました。来年は優勝を目指して熱い、熱い声援を送りたいと思います。
 最後に、本学の益々の発展と同窓会員皆様のご活躍をお祈り申し上げ活動報告とさせていただきます。

支部からのお知らせ・イベント情報

2018/5/28(月) イベント
京都産業大学同窓会丹後OB会総会・懇親会

支部からの報告

現在、丹後OB会からの報告はございません。