京都産業大学同窓会

丹後OB会

丹後OB会 情報

支部長

坪倉 護(1975年法学部卒)

設立年

1987年

支部facebookページ

https://www.facebook.com/ksuaa.tangoob

(※コメントは、2017年9月発行の同窓会報の内容を転載しています) 京都府丹後OB会だより
 京都産業大学同窓会の皆様には益々ご健勝・ご活躍のことと思います。
 本学においては、本年から現代社会学部が開設され、また情報理工学部が来年開設予定されるなど、大学の更なる発展と次への挑戦に邁進していくことに期待しています。
 さて、丹後OB会についての昨年の活動を報告いたします。
 29回を迎えた昨年の総会・懇親会には多くの会員の皆さんに参加していただき、会員相互の交流を深めることができたと思っています。来賓として、世界問題研究所長の東郷和彦先生にお越しいただき、「世界問題に直面する日本と安倍外交」と題して講演していただきました。昨年は日ロ関係の最大の懸案であります北方領土問題の解決に意欲を示している安倍交渉に国民が期待している時でもありました。集団的自衛権の行使についての平和安全法制、慰安婦合意、北方領土問題、などについてご講義をいただきました。「外交とは相手の話を聴くことから始めるべき。外交は命を懸けてやってきた。昔の外交官は対応が失敗したら戦争になる。相手の意見を聞くことは外交にとって大切なこと。聞くことは弱腰ではない。それからこちらの意見をはっきり言う。」と話され、韓国、中国、ロシアとの問題から、日本にとっての全体問題(日本のアイデンティティー)とは、国づくりのビジョン、実現するための施策は・・・など、様々な情報を共有し、議論し、皆で判断することによって、バランス感覚が生まれる・・・と。これからも先生のご活躍をお祈りしています。
 次に、第78回関西学生対抗駅伝競走大会が地元である丹後で開催され、舞鶴OB会、大江OB会さんとご一緒に応援をさせていただきました。ここ数年は他の大学とシーソーゲームで惜しくも優勝できませんでしたが、12月の京都学生駅伝で関西の王者を奪還することができました。選手の皆さんとともに喜びをかみしめることができました。
 本年も引き続き熱い声援を送りたいと思っています。
 最後に、本学の益々の発展と同窓会員皆様のご活躍をお祈り申し上げ活動報告とさせていただきます。

支部からのお知らせ・イベント情報

2018/5/28(月) イベント
京都産業大学同窓会丹後OB会総会・懇親会

支部からの報告

現在、丹後OB会からの報告はございません。